Top >  幸せのヒント >  壁

 何かにチャレンジしようとしても、どうせできないからとあきらめ
 ることがありますね。

 こんな話があります。

 日本ではあまりなじみがないのですが、欧米でポピュラーな陸上競技
 として1マイル走があります。
 1マイル(1609メートル)を走る競技です。

 1マイル走は、1923年にフィンランドのパーヴォ・ヌルミが
 4分10秒3の記録を樹立して以来、4分の壁は絶対に破られること
 はないだろうと言われていました。

 多くのトップアスリートがチャレンジしても1マイル4分の壁が破ら
 れることはありませんでした。

 医学者の中には、1マイル4分を切るのは人間の肉体では不可能だ
 と唱えたり、無謀で危険な挑戦だと言う人もいました。

 ところが、イギリスのロジャー・バニスターが、1954年5月に、
 オックスフォード大学のイフリー・ロードのトラックで、1マイルを
 3分59秒4で走り、世界で初めて1マイル4分の壁を破ったのです。

 すると、堰を切ったように、それから1年以内に1マイルを4分以内で
 走る選手がなんと23人も現れたのです。


 最近では、ヒト型の二本足歩行のロボットの事例があります。

 これまでヒト型の二本足で歩くロボットは、世界中の研究者が開発して
 きましたが、とても難易度が高く、だれも成功した者はいませんでした。

 ところが、1996年にホンダが開発に成功し、世間に発表したところ、
 その後次々と多くの企業や研究機関で、ヒト型二本足ロボットの開発に
 成功するようになったのです。

 今では、ちょっと高価ですが、子供の玩具にもなっているほどです。

 このように、今まで、世界中の誰もができないと思っていたことも、
 だれか1人でもそれができることを示すと、それに続いて多くの人が
 できるようになるという多くの事例があるのです。


 あなたがチャレンジしてできないことは、これまで世界中のだれもが
 できなかったことですか?

 もしそうなら、あなたががんばってそれができるようになれば、世界初
 の人として多くの人の記憶にとどめられるようになるでしょう。

 あなたがチャレンジしてできないことは、既に世界のだれかが実現した
 ことですか?

 もしそうなら、あなたもチャレンジし続ければきっとできるようになる
 はずです。
 既にだれかが成功しているわけですから。

 できないと思っているのは自分で心の中に作った壁に過ぎません。
 その壁は、すでにだれかが取り払ってくれているのです。

 あとはチャレンジし続けることだけです。

コメントを投稿

         

幸せのヒント

関連エントリー

行動するとき 楽しい生き方 うまくいかないとき 許す 人生の岐路 問いかけること(続) 既存の枠にとらわれない 心のフィルター 目先の利 ギブアンドギブ 無知の知 捨てないと得られない 正しいこと 豊かな人 名人と達人 あなたにできること 普通の状態に感謝 1%の可能性 量子跳躍 問いかけること 能力がないからできること おもしろきこともなき世をおもしろく 不安を取り除く 自分を客観的に見る ほめることの効果 こころと身体 流れにのる 「ありがとう」の効果 がらくたを捨てる 泣くから悲しい 笑うから楽しい 幸せになるこころの持ち方 幸せの感じ方 幸せってどこにあるの - 続き 幸せってどこにあるの


スポンサードリンク
メールマガジン
『ほめほめ大魔王・こころの持ちかたで3倍幸せになれる』(ID:0000188500) 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。
更新履歴
管理人について