Top >  幸せのヒント >  既存の枠にとらわれない

既存の枠にとらわれない

問題2つ


 以前も、このメルマガで紹介したことがある、元東京工大の森政弘教授が、
 学生に対する試験問題で、次のような問題を出したことがあるそうです。

 「なぜ、電線に止まっているスズメは落ちないのか」

 ちなみに、森政弘さんは、ロボット工学の権威です。
 一方で、とても茶目っ気のある、ユニークな発想をされる方です。

 そして、次の回答に、思わずう~んと唸ったそうです。

 その答えとは、

 「スズメは落ちても飛ぶことができるから」

 学生に対して、ロボット工学的なまじめな回答を期待されたのかも知れま
 せんが、答えた学生の方が、一枚上手だったのでしょう。

 ロボット工学的な回答にはなっていませんが、みごとな答えになっています。


 もう一つ同じような話を思い出しました。

 小学校で、先生が問題を出しました。

 「氷が溶けたら何になりますか?」

 多くの生徒は、「水」と答え、○をもらいました。

 ところが、ある生徒は、「春」と答え、×をもらいました。

 「氷が溶けたら春になる」

 なんとも、文学的で素敵な答えです。

とらわれない


 先の答えに共通して言えることは、既存の枠にとらわれない、ということ
 でしょう。

 ロボット工学の枠をはみ出した答え、理科の世界を飛び越えた答えです。
 どちらも、その分野から離れたところで、答えをみつけています。


 私たちが、日常生活で難所に差しかかったとき、通常は、常識の範囲内で、
 既存の枠の範囲内で、答えを探し出そうとします。

 そうして、なかなか満足のいく答えを見いだせず、悩むことがあります。

 このようなときは、先の例のように、ちょっと既存の枠をはみ出して、
 考えてみてはいかがでしょうか。

 例えば、経済について悩み考えているときに、スポーツの例を取り入れて
 みるとか。

 音楽について悩んでいるとき、動物の例を取り入れてみるとか。


 また、そういう考え方は、意外に楽しいものです。
 脳も活性化してきそうです。


 「異質なものを組み合わせてみる」
 ということは、発想法の一つの手法でもあります。

 思わぬ気づきや、発見ができるかも知れませんね。

コメントを投稿

         

幸せのヒント

関連エントリー

行動するとき 楽しい生き方 うまくいかないとき 許す 人生の岐路 問いかけること(続) 既存の枠にとらわれない 心のフィルター 目先の利 ギブアンドギブ 無知の知 捨てないと得られない 正しいこと 豊かな人 名人と達人 あなたにできること 普通の状態に感謝 1%の可能性 量子跳躍 問いかけること 能力がないからできること おもしろきこともなき世をおもしろく 不安を取り除く 自分を客観的に見る ほめることの効果 こころと身体 流れにのる 「ありがとう」の効果 がらくたを捨てる 泣くから悲しい 笑うから楽しい 幸せになるこころの持ち方 幸せの感じ方 幸せってどこにあるの - 続き 幸せってどこにあるの


スポンサードリンク
メールマガジン
『ほめほめ大魔王・こころの持ちかたで3倍幸せになれる』(ID:0000188500) 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。
更新履歴
管理人について