Top >  幸せのヒント >  ギブアンドギブ

ギブアンドギブ

ギブアンドテイク


 ギブアンドテイクという言葉があります。

 あなたに何かあげるから、お返しになにかちょうだい、というもの
 です。
または、何かもらったら、お返しに何かあげる、というものです。

 これは、何かをあげるときに、あらかじめお返しがあることを期待して
 います。

 対等の関係、つり合っている関係ですね。
私たちが一般的に取っている行動様式です。
 

 では、豊かな生活をしている人たちは、ギブアンドテイクについて
 どう考えているのでしょうか。

 これについて調べた人がいました。

 すると、どうやら豊かな人たちは、ギブアンドテイクではないらしい
 のです。

 ギブアンドギブなのだそうです。

 つまり、何かをあげるときに、そのお返しなど一切考えない。
 ただ、受け取った人が喜ぶことだけを考える。

 相手の人が喜んでくれたら、そのことが嬉しいから、また何かを
 あげる。

 どうも、このような考えで、毎日を生活しているようなのです。

 
 そんな行動様式をとり続けていると、あげてばかりで財産が減って
 いくばかりじゃないか。

 そんな声が聞こえてきそうです。

 

ギブアンドギブ


 でも、実際には財産などは減っていきません。

 それどころか、「豊かな人」の言葉通り、ますます豊かになって
 いくようなのです。

 
受け取った人の立場で考えてみます。

 何かをくれた人、その人が何の見返りも期待せず、ただ、それを
 受け取った人の喜ぶ顔が見たい。

 何かをもらったとき、そういう気持ちが伝わったら、受け取った人は
 とても嬉しくなりますね。

 また、嬉しくなるだけでなく、こんなにいい人のためなら、ぜひとも
 何かの役に立ちたい、と言う気持ちになってきます。

 それを、物でお返しすることもあるでしょうし、働いて返すことも
 あるでしょうし、貴重な情報を伝えることで返すこともあるでしょう。
有形無形に、その人の応援をすることもあるもかも知れません。

 ただ、それらの行為の根源は、「この人の役に立ちたい」というもの
 です。


 見返りを期待せずなにかを与える方が、あらかじめ見返りを期待して
 何かを与えることより、結果的には、はるかに大きな見返りがあるよう
 なのです。


 何かを与えること、それは物を与えることだけではありません。

 相手を励ますこと、応援すること、働いてあげること、貴重な情報を
 伝えること、これらはみな、与えることです。


 いつもお世話になっている人に対してだけ与えるのではなく、
 疎遠な人にも、ふと思い出した人にも、声をかけ、何かを与えてみては
 いかがでしょうか。

 見返りを期待せずに、ただ与えるだけ。

 そうすれば、不思議と、それ以上のものが返ってくるようです。

 期待した場合は、返ってきても、同等なものか、それ以下の場合が
 ほとんどです。


福沢諭吉が残したと言われる心訓の一つに、次のようなものが
 あります。

世の中で一番尊いことは、人のために奉仕して、
 決して恩に着せぬことです
 

 「人のために奉仕して決して恩に着せぬ事」は、尊いだけでなく
 豊かになる秘訣でもあるようです。


コメントを投稿

         

幸せのヒント

関連エントリー

行動するとき 楽しい生き方 うまくいかないとき 許す 人生の岐路 問いかけること(続) 既存の枠にとらわれない 心のフィルター 目先の利 ギブアンドギブ 無知の知 捨てないと得られない 正しいこと 豊かな人 名人と達人 あなたにできること 普通の状態に感謝 1%の可能性 量子跳躍 問いかけること 能力がないからできること おもしろきこともなき世をおもしろく 不安を取り除く 自分を客観的に見る ほめることの効果 こころと身体 流れにのる 「ありがとう」の効果 がらくたを捨てる 泣くから悲しい 笑うから楽しい 幸せになるこころの持ち方 幸せの感じ方 幸せってどこにあるの - 続き 幸せってどこにあるの


スポンサードリンク
メールマガジン
『ほめほめ大魔王・こころの持ちかたで3倍幸せになれる』(ID:0000188500) 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。
更新履歴
管理人について