Top >  幸せのヒント >  おもしろきこともなき世をおもしろく

おもしろきこともなき世をおもしろく

高杉晋作

 幕末の志士であり、明治維新の魁け的な働きをした高杉晋作は、
 27歳の若さでこの世を去りました。

 彼の辞世の句として知られているのが、次の句です。


 おもしろきこともなき世をおもしろく

 すみなすものはこころなりけり


 病床の中、歌人の野村望東尼が見舞いに来た際に、高杉晋作自らが、
 紙と筆を取って詠んだのが、

 「おもしろきこともなき世をおもしろく」という上の句です。

 しかし、高杉は、ここまで書いてその後を書き続ける力がなくなり、
 見舞いの野村望東尼が、

 「すみなすものはこころなりけり」と続けました。

 これを見た高杉は、

 「おもしろいのう」

 と、ひとこと言ったそうです。


おもしろいのう

 高杉は、病床で、自分の半生を振り返って、
 松下村塾で学び、奇兵隊を結成したり、討幕運動をしたりしたこと、
 それこそ、おもしろくもない幕末の世を、おもしろい世に変えて
 いこうと、全力で生きてきたことを思い起こします。

 その想いが、上の句としてあらわれたのでしょう。


 ところが、歌人で、高杉の支援者でもある野村望東尼は、

 こう思って、下の句を続けたのではないでしょうか。


 確かにあなたは、世の中を良くしよう、おもしろくしようと、
 一生懸命生きてこられました。それは大変に立派なことです。

 でも、おもしろく生きる、楽しく生きるということは、
 あなたのような力のない私にとっては、
 こころの持ち方を変えるだけでもできるんですよ。


 高杉は、この野村望東尼の意を読み取って、思わず

 「おもしろいのう」

 と発したのではないのでしょうか。


コメントを投稿

         

幸せのヒント

関連エントリー

行動するとき 楽しい生き方 うまくいかないとき 許す 人生の岐路 問いかけること(続) 既存の枠にとらわれない 心のフィルター 目先の利 ギブアンドギブ 無知の知 捨てないと得られない 正しいこと 豊かな人 名人と達人 あなたにできること 普通の状態に感謝 1%の可能性 量子跳躍 問いかけること 能力がないからできること おもしろきこともなき世をおもしろく 不安を取り除く 自分を客観的に見る ほめることの効果 こころと身体 流れにのる 「ありがとう」の効果 がらくたを捨てる 泣くから悲しい 笑うから楽しい 幸せになるこころの持ち方 幸せの感じ方 幸せってどこにあるの - 続き 幸せってどこにあるの


スポンサードリンク
メールマガジン
『ほめほめ大魔王・こころの持ちかたで3倍幸せになれる』(ID:0000188500) 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。
更新履歴
管理人について