Top >  幸せのヒント >  流れにのる

流れにのる

流れにのる

 なぜが不思議に物事がうまくはこぶ、ついている状態のことを、
 流れにのる、と言ったり、フローにのる、と言ったりします。
 風が吹いている、という表現をされる方もいます。
 
 「電話をかけようと思ったら、ちょうどその相手から電話があった」
 「欲しいと思っていた品物を、突然知り合いからプレゼントされた」
 「たまたま本を手にとってページをめくったら、知りたいと思って
 いた情報が載っていた」

 こういった現象が、流れにのった状態です。

 川にボートを浮かべます。
 川の流れに逆らって上流にこぎ出すには、かなりの力が必要です。
 でも、川の流れに沿って下流に向かってこぎだせば、楽に進めます。

 仕事や生活についても同じことです。

 川の流れに逆らっては、一生懸命もがき苦しんで努力しても、たい
 した成果はでないでしょう。
 しかし、川の流れに沿って動いた場合は、たいした労をいとわずとも
 思った以上の成果がでるものです。

 今、物事が順調にいっていないと感じている人は、流れにのっているか
 どうかを確認されてみてはいかがでしょうか。


流れにのる、の落とし穴

 ある現象が起こったとき、それが何かのサインである、と解釈する
 ことがあります。

 例えば、仕事で上司からこっぴどく叱られた場合、
 これを、その会社を辞めた方がいい、というサインと受け取る人が
 いたとします。

 本当に会社を辞めろとのサインなのでしょうか?

 もしかしたら、当人にかなりの落ち度があって、上司はそれを直して
 欲しいと期待して叱責したのかも知れません。
 それなのに、自分の落ち度を棚に上げて、「会社を辞めるサインだ」
 と、安易に決めつけるのは考えものです。

 サインを解釈する場合は、自分のなまけた後ろ向きな気持ちを、
 安直にサインのせいにしていないかどうか、よく考えたほうがよいで
 しょう。

 その上で、同じようなサインが二度、三度と続けて起こるようでしたら、
 そのサインが示す流れにのってもよいでしょう。

 流れにのった状態は、わくわくして、楽しい状態です。

 その流れが本物かどうかを見極めるには、

 ・わくわくして、楽しい状態か
 ・二度、三度続けて起こるか
 ・自分の責任逃れの言い訳にしていないか

 こういったことをチェックされたらいいと思います。

コメントを投稿

         

幸せのヒント

関連エントリー

行動するとき 楽しい生き方 うまくいかないとき 許す 人生の岐路 問いかけること(続) 既存の枠にとらわれない 心のフィルター 目先の利 ギブアンドギブ 無知の知 捨てないと得られない 正しいこと 豊かな人 名人と達人 あなたにできること 普通の状態に感謝 1%の可能性 量子跳躍 問いかけること 能力がないからできること おもしろきこともなき世をおもしろく 不安を取り除く 自分を客観的に見る ほめることの効果 こころと身体 流れにのる 「ありがとう」の効果 がらくたを捨てる 泣くから悲しい 笑うから楽しい 幸せになるこころの持ち方 幸せの感じ方 幸せってどこにあるの - 続き 幸せってどこにあるの


スポンサードリンク
メールマガジン
『ほめほめ大魔王・こころの持ちかたで3倍幸せになれる』(ID:0000188500) 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。
更新履歴
管理人について