Top >  幸せのヒント >  自分を客観的に見る

自分を客観的に見る

岡目八目

 岡目八目(おかめはちもく)という言葉があります。
 囲碁の対局で、対局している二人よりも、それを傍で見ている人の方が、
 どう打ったらよいかがよくわかる、という意味です。

 同じように、カウンセラーが、自分のことになると、どうしていいいか
 よくわからないということがあります。
 
 他人の経営者のやり方については、あれこれ論評はできるけれど、自分の
 会社の経営状態は今ひとつ、
 他人のゴルフスウィングについては、批判はできるけれど、自分の方は
 なかなか上達しない。


 このように、自分のことはよく見えないが、相手のこと、特に欠点などは
 よく見える、ということがあります。

 これを整理すると、次のようになるでしょう。

 ・自分のことを見る、考えることは、うまくいかない。
 ・他人のことを見る、考えることは、うまくいく。


 なぜ、このようなことが起きるのか、考えてみましょう。

 他人のことを見る、考えることがうまくいくのは、他人の状態を客観的に
 見ることができるからです。
 
 他人がうまくいこうがいくまいが、自分にとっては関係がありません。
 利害関係がありません。
 そこには、私心が入る隙間がありません。
 他人の状態は、極めて冷静に、状況分析ができるのです。

 
 では、自分のことを見る、考えることがうまくいかないのはなぜでしょ
 うか。

 先ほどと反対で、自分の状態を客観的に見ることができないからです。
 
 自分のやることには、不安がつきまといがちです。
 うまくいかなかったらどうしよう、失敗するんじゃないかな、
 こころには絶えずさざ波が立ち、冷静に考えることができません。
 そのような状態では、正しく状況判断することは、そもそも無理という
 ものです。


自分を客観的に見る

 では、自分の状態を客観的に見るにはどうすればいいのでしょうか。

 一番良い方法は、平凡ですが、勉強や練習を重ね、自信をつけることです。
 自信がある分野においては、自分の状況を冷静に見ることができます。
 
 自信がある分野においては、他人がやっている様子を見ても、
 なるほど、あの人はああいうやり方やってるんだな、でも、私ならこう
 やるぞ、こう工夫した方が、2割ほど効率が良いはずだ。
 このように、自信があり、知識の裏付けがあれば、他人のことも自分の
 ことも、冷静に見ることができます。
 
 この方法は確かにベストなのですが、いかんせん、研鑽を積み自信を
 つけていく方法には、時間がかかります。
 
 私たちは、いろんな場面で、正しく状況判断する必要が生じます。
 よりスピーディに、自分を客観視して、良い成果を出す必要がでて
 きます。


 そのための、より簡単で成果の出る方法をお伝えします。

 それは、判断が必要とされる場面で、「あの人だったらどうするか」
 と考えることです。

 あの人とは、あなたが尊敬、信頼している人です。
 歴史上の人物でも構いませんし、ご両親や、師、上司や先輩、その道
 の権威ある人、などです。

 冷静な判断が必要な場面で、不安や迷いを持った自分を消すために、
 「あの人だったらどうするか」と、置き換えてみるのです。

 そうすれば、より客観的な判断がしやすくなります。
 あたかも、達人が本当に判断しているように感じ、その結果におどろい
 たり、自信を持つことができるようになるでしょう。

 「あの人」を持ち出すことによって、本当はあなたが持っている知識、
 能力が、こころの奥底から引き出されたのかもしれません。
 それはそれで、自信を深めることになり、本物の実力もついてくる
 ことでしょう。
 もしかしたら、本当に「あの人」からインスピレーションが届いたと
 考えたりすると、わくわくするかもしれませんね。

 いずれにせよ、自分を客観的に見られるようになり、成果を出すこと
 ができれば、うれしいことです。

コメント

人生、心の持ち方しだいで
物事を積極的に明るく考える人がうまくいくのだとはつねづね気にはしています。

が、自分は何かにつけて
嫌なことや災いが起こったわけでもないのに、すぐ凹んでしまい
自己嫌悪に陥ってしまうのです。
よく「自分を好きになれ。自信を持て」と言いますね。
それがなかなかできなくて
「そんなのできない。どうしたらこんな自分に自信がもてるの?」と泣きたくなっていました。
斉藤一人さんとか中村天風とか、「プチ楽天家のすすめ」とかいろいろ本を読んだり、家族に諭されても、頭ではわかっても実行できなくて悶々としていました。

『判断が必要とされる場面で、「あの人だったらどうするか」 と考える』という方法は、これまで知りませんでした。
なるほど!です。これなら、うじうじした自分の感情はひとまずおいといて、建設的に物事を考えられそうですね。

いい事を教えていただいてありがとうございました。

ayakkoさん、こんにちは

このブログができてから、初めていただいたコメントです。
ありがとうございます。

「あの人だったらどうするか」という考え方は、自分の迷いや想いをいったん脇に置いて、自分を客観的に観るためのいい方法だと思います。
お役に立てれば幸いです。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

         

幸せのヒント

関連エントリー

行動するとき 楽しい生き方 うまくいかないとき 許す 人生の岐路 問いかけること(続) 既存の枠にとらわれない 心のフィルター 目先の利 ギブアンドギブ 無知の知 捨てないと得られない 正しいこと 豊かな人 名人と達人 あなたにできること 普通の状態に感謝 1%の可能性 量子跳躍 問いかけること 能力がないからできること おもしろきこともなき世をおもしろく 不安を取り除く 自分を客観的に見る ほめることの効果 こころと身体 流れにのる 「ありがとう」の効果 がらくたを捨てる 泣くから悲しい 笑うから楽しい 幸せになるこころの持ち方 幸せの感じ方 幸せってどこにあるの - 続き 幸せってどこにあるの


スポンサードリンク
メールマガジン
『ほめほめ大魔王・こころの持ちかたで3倍幸せになれる』(ID:0000188500) 読者登録フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。
更新履歴
管理人について